書道楽ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮名基礎科(高野切三種)その13

<<   作成日時 : 2013/11/28 10:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

11月26日(火)…仮名基礎科(高野切三種)の授業に出席する。
学院のシステムでは、3か月ごとに受講料を前納するのことになっている。
前回でちょうど半年のプログラムを終了したので、今日、3か月分の受講料を前納しなくてはならに。
で、そのことに学院に到着してから気が付いた。

幸い、お財布の中にぎりぎり受講料分のお金が入っていてセーフ。
帰りの電車賃も無くなるが、スイカカードがあるので、それもセーフ。(笑)


さて、前半の授業は、高野切三種の続きで、『四字連綿を書く』。

先にも書いたが、仮名基礎科をスタートし半年目だ。
半年経って、どのくらいのことを学んだか?!と問われれば、いかばかりもない。

練習量が足りないのは自覚しているので、もっともっと勉強せねば!と思ってはいるのだが……。

授業は例によって、注意するポイントの解説の後、早速臨書を開始する。

先週筆を持つ時間があったせいか、臨書していて、ちょっと書きやすい感じがした。

ただし、お手本を観る目が甘く、細かな部分まで観ることが出来ていない。

練習練習!


後半の授業。
まずは、競書作品の提出をすべく、書いてきた課題を先生に観ていただく。
課題、各一点づつ選んでいただき、提出。

半懐紙の課題は、最後にちょっと良い紙で書いたものが選ばれて、ちょっとほっとした。

で、後半の授業では競書12月号の半懐紙の課題を練習した。

わからない文字があるかどうかチェックしてから、書き始める。


書いたものを先生に観ていただく。

毎回毎回、同じような注意をいただく。

ちゃんと線が引けていないという基本的なものだ。

毎回注意されて、毎回気を付けて書いているつもりなのだが、…全然出来ていない。

まあ、誰もがすぐに出来てしまうようなことなら、誰も苦労しないわけで…、頑張って練習するしかない。

同じような注意を、辛抱強く注意して下さる先生にも感謝。


さあ、先週『書き初め展』の作品を提出し、本日競書課題も提出したので、しばらく提出物は無い。
今週は、なるべく時間を作って、仮名の練習をしよう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仮名基礎科(高野切三種)その13 書道楽ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる