書道楽ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 月葉会・今年最初の月例会

<<   作成日時 : 2012/01/24 11:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1月23日(月)…書道勉強会グループ『月葉会』今年最初の月例会を開催!! 
いつもの会場へ集合! ところが…


AO木さんが来ない?!
連絡してみると、どうやら来週の月曜だとおもっていたとのこと…。

まったくもう…。

でも、昨日の同人新年会の帰り際に、私が一言
「また明日ね!」と言っていれば、間違えなかっただろうに…そう思うとちょっと悔やまれます。


そんなわけで、AO木さん抜きで始めた月例会。
まずは、課題の検討から。

課題は、「芭蕉の句を書く」
前回の課題では、大渓先生の作品を臨書した。それを踏まえて、今回は各自で句を選び創作する。

私の書いた作品は、
(自分で言うのもなんですが…)全体の構図のバランスもまずまず。 文字の太細・潤滑のどのバランスもまずまず…かな?!
でも、不自然な揺らぎもあり。 語句の少ない「俳句」という題材だけに、もっと素直に書いても良かったかも?!

ASちゃんの作品は、
書いてきた2作品とも、似た構図だった。 あえて全く違った構図にしてきたら、もっと「おお!すごい!」と思ったかも?!
でも、書きぶりはしっかりしていて好感が持てる。

S田師匠は、
書き慣れた感じはするが、ひょろっとした線がちょっと気持ち悪いかも。
後で聞いたら、筆「センゴウエンケン」を使用とのこと。 
細楷を書くには良い筆だが、この課題にはちょっと合わない気がする。


大渓先生の作風をマネする必要はない。
でも、大渓先生の作品をもっともっとよく観ることは、これからの作品作りに大いにプラスになると思う。

そこで、次の課題は引き続き、大渓作品の臨書。
遺墨展の図録の中から、『蕪村の句』を臨書する。

今までと同じ俳句であるが、縦長の構図のみならず、多彩な構図で書くことがポイント

作品のポイントがどこにあるのか?しっかり観ること!!


自由課題

ASちゃん… 色紙大の大きさに好きな言葉。

私…写経・細楷

S田師匠…昔もらった大渓先生の俳句を書いた作品を、自ら軸装に表具してきた『表具作品』。
さすがに長年やってるだけにすでにプロ級の出来。布の色合いやデザインも素敵だ!

今度、S田師匠に表具をお願いすることにした。
デザインはすべてお任せで、お願いします。


その後、いろいろおしゃべりするも、天候(雪の具合)が心配で、早めに解散!!

寒いので、鍋でも囲みたいところだが、それはまたの機会にしましょう。(笑)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月葉会・今年最初の月例会 書道楽ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる