書道楽ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『専門科・『漢字かな交じり文「万葉集を書く」@』』 

<<   作成日時 : 2010/08/06 10:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8月5日(木)…前回までで『草書を学ぶ』のプログラム終了。 十七帖・書譜・自叙帖を臨書〜倣書と駆け足で学んだわけですが、個人的には、もうちょっと腰を落ち着けて勉強したいところ。 (特に『書譜』はもうちょっとやりたかったかな?!) でも、古典の臨書ばかりやってるのも、テンション下がりそう。

 
やはり、古典の臨書〜創作作品制作〜漢字〜漢字かな交じり〜など等…、多角的なプログラムの方が、楽しく学べそうです。


で、今日からの課題は、『漢字かな交じり文「万葉集を書く』で、これが約半年続きます。

題材こそ『万葉集』ですが、古典仮名を書くわけではなく、(このクラスは古典仮名のクラスではありませんので…)あくまでも『漢字かな交じり』の作品制作です。

今日は、万葉集についての簡単なレクチャーの後、早速、半紙に短歌を書きました(実習)。

課題の一つは、
額田王の歌『あかねさす紫野ゆき標野ゆき野守は見ずや君が袖ふる』
詳しい解説は省略しますが、なんとも艶っぽい歌です。

で、この艶っぽさと、私の書きぶりが全然合わなくて、困ってしまいます。

このブログのTOPに、昔書いた山頭火の句『夕立〜』を掲載してあります。
それを観ていただくとわかりますが、どちらかと言うと、粗野な?素朴な?野暮ったい?…そんな書きぶりの方が書きやすいんですよね〜〜。


でも、たまには流麗な雰囲気もかもし出したいものです。(笑)
練習します!


ところでこのクラス、また人数が増えましたか?
それとも、たまたま今日が多かったのでしょうか?!
まあ、賑やかなのは、大歓迎です。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『専門科・『漢字かな交じり文「万葉集を書く」@』』  書道楽ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる