書道楽ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『顔真卿の筆法』 書道楽日記

<<   作成日時 : 2009/05/18 11:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

顔真卿を今まであんまり勉強してこなかったんで、今回、専門科で勉強するに当たり、いろいろな発見があって面白いです。

画像



何よりの発見が、
『私は直筆蔵鋒があんまり得意じゃなかった!』ということです。
…って言うか、篆書を書くとき以外、あんまり意識して書いたことがなかったのかもしれません。


顔真卿の書法は、篆法(篆書の書き方)を基調とした直筆蔵鋒で、重厚な線質が特徴的です。

で、私は、今まで露鋒で書かれた古典を多く臨書することが多かったこともあり、
露鋒の方が、得意なのかも…。

気がつくと、
蔵鋒で書かなくてはいけないものまでも、露鋒で書いていた傾向にあります。

そうなってくると、

その分、重厚な線が引けず、線が浅くなったりするもので、それを誤魔化し誤魔化し書いていたんですね。
…そんな気がします。


ちょっと、目からウロコが落ちたような気がしました。
(今頃になって、こんなことに気がつくのもなんとも情けない話ではあるのですが…(苦笑))



教室で書いたときは、良い感じで書けていたので、
この感覚を習得すべく忘れないうちに自宅で練習しよう!!と思って、書いてみました。

でも、教室で書いたときと、なんか違うんですよね〜。
どうにも、思ったように書けません。


修行の道は厳しいなあ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『顔真卿の筆法』 書道楽日記 書道楽ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる