書道楽ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮名基礎科(高野切一種)其の3

<<   作成日時 : 2014/07/16 10:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月15日(火)…仮名基礎科(高野切一種)其の3に出席。

教室へ向かう前に、春○堂へ寄って、聯落の紙を買い足すことも忘れない。


前半の授業は高野切一種。
ひらがな単体練習の続き。

ポイント解説もそこそこに実習。

先生は、お手本を能く観て!と仰るが、これがなかなか難しく、線の形がなかなか似てこない。
似てこないということは、筆の動き(筆運び)が違っているということで、自分なりにいろいろ試してみるものの、いっこうに似てこない。
たまらず先生にアドバイスを求める。


後半の授業は、創作。
まずは濫觴課題・競書課題の提出。

ここで、私は完全に勘違いしていたことに気が付いた!!
競書の提出は次回の授業時で間に合うと思っていたんだけど、次回では締切日を過ぎている。
競書課題を書いてきていないよ〜。

今週中に書いて、先生に選んでいただくことなく、自分で勝手に提出するしかない。

同じくうっかりしていたことだが、8月号の濫觴課題の原稿も作ってきていなかった。
これも、次回の授業に持って来れば十分間に合うだろうと、勝手に思い込んでいたからだ。
ところが、8月は学院も夏休み期間があることをうっかり忘れていた。
今日、原稿を書いてきて朱を入れていただき、次回提出するのが、ベストだったのに…。

ショウガナイ!!
とにかく、このミスを取り返すべく、一生懸命に書いて提出するしかない。


さて、とりあえず濫觴課題の提出が終わると、次は書いてきた宿題を床に広げ、一人一人先生にアドバイスいただきながら朱を入れていただく。

その時、他の人の作品と比べてみたのだが、私の書いたものはゴツゴツしていて、仮名作品と言うよりは漢字作品のように観えた。

全体的にしなやかさが無く、行の通りも悪い。


上達への道は、まだまだ遠いな〜。
もっともっと練習しなくちゃ…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仮名基礎科(高野切一種)其の3 書道楽ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる