書道楽ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮名基礎科(高野切三種)その20

<<   作成日時 : 2014/03/20 10:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

3月18日(火)…仮名基礎科(高野切三種)その20の授業に出席。
なんと本日は提出物ラッシュ。
にもかかわらず、前回の授業からほぼ2週間風邪をこじらせてしまい、ほとんど何も書けない(書く気が起きない)状態でした。


16日(日)と昨晩で、提出物のほとんどをなんとか書き上げたのですが…。

書いた提出物
濫觴…漢字・漢字仮名交じり条幅・創作楷書・仮名
競書…仮名条幅・半懐紙

それから、高野切授業の宿題と、
4月号濫觴仮名の原稿二分の一。

※濫觴の半紙まじりは、今回書きそびれてしまいました。
 また競書の細楷は、来週提出予定。


短時間にこれだけ書けば、仕上がりはご推察通り、ひどいもの。
一文字で言えば『雑』。

あきらめて、「提出しない」という選択肢もなかったわけではないのですが、なんだかそれも気持ちが悪いので、出来るだけのことはやってみました。。

まあ、こんなこともたまにはある…と割り切るしかないでしょうね。


さて、前半の授業・(高野切三種)では、前回に引き続き、拡大手本の臨書。
ポイントは『墨継』。
仮名に限らず、書道作品における潤渇は大事ということ。

ポイントの説明・解説の後、臨書。
練習不足が如実に表れる。 ああ、ヘタクソ!


後半の授業では、競書・濫觴の提出後、
4月号の濫觴の課題制作にかかる。

取り合えす、一行目だけを書いてきたので、それに朱を入れていただく。
それを踏まえて、2行目の作成に入るのだが、授業時間中は、集字するだけで終わってしまった。

いくつか文字の配し方について、アドバイスをいただく。

今回提出した作品よりも、もうちょっと作品ぽくなると良いなあ〜、と思いつつ、次回へつづく。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
いつも仮名ではお隣に座らせていただいております^ - ^
先日書かれてきていた四月の濫觴課題、本当に本当に美しくて、
実はお隣で拝見しながら感動していました。
どうやったらあのような美しい構成を思いつくのですか?
何を見て勉強されてるのですか??
って質問したかったのですが、、
その時はとても具合が悪そうでしたので話かけるのを躊躇ってしまいました。

後日 、I 藤先生にそのことをお話したら、そういうのはご本人にちゃんと伝えてあげなくちゃ!と言われまして、コメントさせていただきました。( ´ ▽ ` )
春麗
2014/03/24 12:41
春麗さん!コメントありがとうございます。
また、お褒めいただいて嬉しいです。競書の条幅がいまだに『地』をはっている状態なので、そう言っててもらえると、とても励みになります。(笑)
さて、4月号の濫觴課題の件ですが、集字を、春麗さんも持っている小冊子『字典かな』を使うと同時に、教育書藝のバックナンバーよりP6の競書かなのK林先生の作品からも集字しました。
あとは、ポイントとなる目立たせたい字を決めたり、大小の変化を付けたりして、パズルをはめ込んでいきました。まだわからないことだらけで、手探り状態ですが、とりあえず、教育書藝バックナンバーを沢山観て、半切2行書きの形式を学べたらと思っています。

3月入ってからずっと具合悪そうにしていてごめんなさいね。教室の皆様にご迷惑おかけしていますが、またよろしくお願いします。
景牙
2014/03/25 11:47
ご回答いただきありがとうございます♪
わたしも小冊子で集字しつつバックナンバーを参考にして創作しています。
ただ、
バックナンバーが景牙さんに比べたらとっても少なくって、、(T_T)

こちらこそ、また宜しくお願い致します。お風邪、早くよくなりますように!
春麗
2014/03/29 18:27
確かに、バックナンバーの所有数は多いかも。(笑)まあ、その多さを活用できるように、もっと勉強しないといけませんね。
やっとマスクが外せそうです。それではまた、教室で。
景牙
2014/03/31 10:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
仮名基礎科(高野切三種)その20 書道楽ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる