書道楽ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 月葉会・10月の月例会

<<   作成日時 : 2013/10/29 11:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10月28日(月)…自主的書道勉強会『月葉会』の月例会を行いました。
※書道勉強会『月葉会』では会員募集中です。日本教育書道藝術院の同人で、、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。


先日の蔵書印まつりのことや、近況などワイワイ話しつつ、
現在取り組んでいる課題『風信帖の臨書』を広げます。

前回同様、お互いに課題を見せ合うスタイルですが、今回はなるべく細部まで指摘しあうようにしました。

AO木さんの臨書は、さすがにベテランだけあって書き慣れた感があり筆触が良いものの、イマイチ字形の特徴をとらえきれていない部分も多々ありました。

S田師匠の臨書は、形臨というよりも意臨に近く(?)、わりと独自のタッチでかかれているようでした。
まずは、もうちょっと、形臨を意識してもいいのかなと思います。

私の臨書では、起筆の筆遣いや、線の抜き方、文字のバランスなど、ご指摘いただきました。

今回、しっかり観ていただき、アドバイスいただけたので、『勉強してる!』って感じがして、頑張って書いてきた甲斐がありました。


さて、課題の『風信帖』はまだまだ続きます。
次回の宿題は、書道技法講座のP32〜P52までの臨書です。

一度書いた字も多々出てきますが、解説をよく読み、ポイントがどこにあるのかよく理解して臨書しましょう。


ところで、もう一つ宿題があります。
それは、課題『風信帖』の学習を、どのようなプログラムで進めるのか?!決めることです。

@最終的に原寸で全臨をするのか?!
 もしするのであれば、筆は何を使う?紙はどうするか?…考える。
 全臨でなくとも、範囲をしぼって臨書するのか?
A書道技法講座P66〜70にあるような臨書〜創作につなげる様な学習を取り入れるのか?!
 もし、やるとしたら、どのように?(作品サイズなど、どうするか考える)

つまりは、この課題『風信帖』の学習をどのように締めくくるのが良いのか?!を考えることが、次回までの宿題の一つです。
「さあ〜、みんなで考えよう!」(笑)


課題検討の後、再びの雑談タイム。…後、月例会終了。

11月の月例会は、11月25日(月)です。

また、12月恒例の忘年会は12月9日(月)予定ですが、もしかしたら私の都合で16日になるかも?!
後日またご連絡します。


さあ、11月は、濫觴課題の提出の他、競書の仮名・細楷の提出。
そして、書き初め誌上展への作品出品。
プラス風信帖!!

頑張って、書きましょう!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月葉会・10月の月例会 書道楽ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる