書道楽ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮名基礎科(高野切三種)その8

<<   作成日時 : 2013/09/11 19:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

9月10日(火)…仮名基礎科(高野切三種)に出席。

遅刻ギリギリで教室に入ると
仮名基礎科(高野切三種)の生徒以外にも生徒さんが何人か来ていて、東京書作展出品作品を作成していた。
締め切りも近いし、いよいよラストスパート!!。


さて、仮名基礎科(高野切三種)その8の授業では、前回の『に字連綿』に続き、いよいよ『三字連綿』に突入。

まあ三字連綿といっても、二字連綿を二回繰り返すというだけの話なのだが、文字が多くなればそれだけリズムなども大切になってくる。

注意すべき字など解説いただいて、早速、法帖の臨書をする。


連綿がどうのリズムがこうのいう前に、仮名のの臨書にもっともっと慣れる必要を感じる。

どういう筆使いをすれば、この線の形になるのか?!
どうすれば、この転折の形になるのか?!

とにかくお手本を見て、ゆっくり書く。
それでもわからなければ、先生に聞く。(笑)
積み重ねていくしかない。


後半の授業は、競書の課題(条幅)。

前回よりも、多少なりともよく書けた気でいたが、まだまだ全然ダメ。

特に、筆のバネを使って、抑揚のある線を引けていないのがダメ。

それから、行の中心線が、ずれちゃってることがよくある。

お手本の字形・線をまねるので精いっぱいで、行の流れや空間にまでは意識が行っていないからだろう。

今回の課題の清書をするときは、それらももっと意識しよう。


さあ、練習!!練習!!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仮名基礎科(高野切三種)その8 書道楽ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる