書道楽ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『和様の書』展

<<   作成日時 : 2013/07/29 11:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

7月28日(日)…上野駅を下車したのが午前9時40分ころ。
まだ早い時間であるものの、すでに多くの人たちがぞろぞろと歩いていた。
目立つのが家族連れのグループ。
子供たちは夏休みだよね。
動物園に向かう人たち、博物館に向かう人たち…どの顔も楽しそう。

暑い夏の日差しの中、公園内を歩いているだけでも、ちょっと楽しい。


さて、私の今日のお目当ては、
東京国立博物館・平成館にて開催中の『和様の書』展。

ちなみに、先日、ASちゃんから無料招待券をいただいたので無料で入場!
大感謝!!


面白そうな展覧会だとは思うが、半年前の自分なら、足を運ばなかったかもしれない企画。
でも、最近古典仮名を学び始めたこともあり、興味津々に。


会場は「オオギシ展」ほどの混雑なし。

ただし、展示物のサイズ・文字の大きさが小さいものが多いので、鑑賞の歩みは若干ゆっくり目な気がしました。

熱心に作品鑑賞する人たちを見て、
「出だしからそんなにじっくり観ちゃうと、後半疲れちゃうのに…」と思いつつも

気が付けば、自分もケッコウじっくり観てたりして。


文字が小さいので、もっとよく観ようと身を乗り出して、ガラスに頭をぶつけることあり。

これちょっと恥ずかしい。
しかもガラスに汗が油が付いちゃったりして…。

でも、そういう人は意外と多いようで、係りの人が布巾でぶつけた痕跡を拭いてくれてました。
(余計な手間をとらせて申し訳ない


さて、一通り観終わってからの感想は、
「ああ、疲れた〜」…です。

気が付けば12時を回り、2時間以上も観て回っていたわけで、そりゃあ疲れる。

しかも、全く勉強不足の『和様の書』というジャンルに、わかりにくいことも多々あり、さらに疲れちゃったかも…(笑)。

でも、「和様の書」にさらに興味がわいたことも事実で、観て良かった。


これからこの展覧会を見に行く人に一言アドバイスするとしたら。

平成館入って右手のロッカーがあるエリアに、この展覧会の紹介VTR(全編7分30を流しているエリアあり。
『和様の書』とはなにか?…わかりやすい解説と美しい映像なので、是非これを観てから展示品を観ると良いと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『和様の書』展 書道楽ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる