書道楽ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮名基礎科…2回目

<<   作成日時 : 2013/06/12 11:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

6月11日(火)…今日は『仮名基礎科』の2回目の授業です。
で、2回目の授業でいきなりのしくじり
「あっ!テキスト忘れた〜〜


使用テキストは『高野切第三種(二玄社・書道技法講座)』
なんでこんな肝心なものを忘れるか?!自分でも不思議なのですが…、忘れちゃいました。


さて、教室に入室後、K林先生から「書いてきたものありますか?」と聞かれたので、
家で書いてきた競書の条幅(半切サイズ)と半懐紙の課題2点を渡しました。

半懐紙は、朱を入れ添削していただいたき返却。
条幅は、後半の授業中で、朱を入れていただきました。


さて、まずは前半の授業。、『高野切第三種』基礎学習の続きです。

前回は、高野切についての概略解説で終わってしまいましたが、今日はいよいよ筆を持つようです。

筆を持つ前に、まずは学習方法である『臨書』についてレクチャーあり。

続いて、筆の持ち方を丁寧に教わり、

基本的な線の書き方を練習しました。

基本的な線の練習とは、タテ・ヨコの直線を引いたり、くるくるくると輪っかを書いたり、ジグザグのセインを引いたりするもので、よく入門書などで見かけるやつです。

で、その後、いろは〜の文字単体をちょっと書いたところで、本日はタイムアップ!!

『いろは〜ぬるを』を書いてくるのが、宿題となりました



次に後半の授業!

後半の授業では、まず、時節柄、『東京書作展』の説明を、作品を観ながら聞きました。

その後に、競書・条幅作品の課題。

これは、先に私が書いてきたものに朱を入れる形で、解説していただきました。

実際に書かれるK林先生を見て、なんとか少しでも筆使いを学べれば!と思うのですが、なかなか難しいですね〜。


ちなみに、この条幅を書く筆『扇』を、私はかため筆だと思っていたので、半分くらいしかおろしてなかったのですが、これってさばき筆だったんですね。

どうりで、墨がもたなかったわけだ。


失敗することも多いけど、学ぶことが多くて、とても新鮮な感じがします。


家では、まず宿題をやりたいと思います。


つづく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。おじゃまします。
私事ですが、先月なんとか師範科を卒業しまして、
研究科に進みました。

仮名を始められたんですね。
興味があったのですが、色々一度にはできないので
暫く見送ることにしました。

私はまだ蘭亭序の全臨を抱えていまして(^_^;)
卒業した気がしません(笑)
卒論にこちらのブログについて、少し触れさせていただきました。
といっても、ブログ名などは公表していませんので大丈夫です。

また遊びに来ますね。
ほう
2013/06/12 18:13
ほうさん、師範科卒業おめでとうございます。
あれ?蘭亭序の全臨の提出って必修でしたよね?!。頑張ってくださ〜い。
景牙
2013/06/13 10:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
仮名基礎科…2回目 書道楽ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる