書道楽ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 小林一茶の句を書く

<<   作成日時 : 2011/10/24 11:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

11月23日(日)…日曜日だけど、やらなくちゃいけない仕事が残っていたためお店を開け、作業をする。


夕方5時半頃には仕事を終え、散歩に出かける。

今日は、ちょっと長距離を歩こうと、JR大森駅を目指す。

旧東海道をゆっくり南下。

あたりは暗くなっている。もうちょっと早い時間に歩きたかった。

ゆっくり歩いて40分で到着。

駅前のブック○フに入り、本を物色。

桜庭一樹の『伏』および、数冊の本を購入。

遅ればせながら、読書の秋にしたい。

帰りは、足がだるくなってしまったので、電車で帰ってくる。(ダメじゃん!)



帰宅後、下敷きを広げて、墨をする。

そして、月葉会の宿題である『小林一茶』の句を書く。

どの句を書くか?!も決めていないので、墨を磨りながら岩波文庫の一茶句集をにらみつける。

気に留まった句をドンドン練習用の紙(半紙二分の一)に書いていく。

10句くらい書きとめたところで、その中から5句くらいを清書。

なかなか思うように書けないが、どんな句を書くか?!構図やバランスをどうするか?!など、考えながら書いていくとあっという間に時間がたってしまう。

なかなか楽しい!

書きあがった宿題は、翌日の月葉会に持っていく。
みんながどんなふうに書いたか楽しみである。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小林一茶の句を書く 書道楽ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる