書道楽ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『専門科・『漢字かな交じり文「万葉集を書く」D』

<<   作成日時 : 2010/10/15 10:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

10月14日(木)…授業開始の15分前に教室に到着! 遅刻常習犯の私にとっては珍しいことです。
入室してすぐH多先生に『東京書作展出品作を後で観て下さい』とお願いすると、『枚数が多くないなら、今観ましょう』ということになり、早速一点選出していただきました。


イマイチ書き足らない思いがしていたので、『今日出品しないで、もうちょっと書こうかな?!』とも思っていたのですが、よく考えてみれば締切までもう時間が無く、『一晩頑張ってみたところで、そうそう実力以上の作品は出来上がるまい』…と思い直しました。

もう、そんなエネルギーも残っていませんし…。


一点選んでいただいたところで授業開始。
あとは授業終了後に、落款印を捺して事務局へ出品するだけです。

ホッと一安心して、専門科の授業に向き合えます。


今日の授業は宿題の批評からスタート。

宿題は、『柿本人麻呂の歌を半紙に横書き』でした。
わりと前日になって慌てて宿題を書くパターンが多い私。 今回は、東京書作展出品作作成の合間に、ちゃっかり仕上げていたので、時間的には余裕の提出でした。


H多先生の評価も、まずまず好評価。

墨色がイマイチなんだけど、特殊な紙を使った分、大目に観てもらえたようです。

他の人たちの作品を観ると、まとめ方が上手いなあ!と感じました。

思えば、濫觴の『半紙まじり』を毎月書いている人なら、このパターンは得意なはず。
苦労して作成した私は、ズバリ怠けている!!…ということでしょう。

私も、濫觴の『半紙まじり』を出品しなくちゃ!と、大反省。
『頑張って、来月から出品しよう!』と、何度も思っているのですが……成功していません。
来月こそは!


さて、五週目の課題は、人麻呂以外の有名な歌人や歌へ。
高市黒人他の歌についてTommy先生より解説。

あをによし寧楽(なら)の京師(みやこ)は咲く花の薫(にほ)ふがごとく今盛りなり
                                   
小野老(おののおゆ)

そういえば、なんか聞いたことあるかも??!!

半切4分の一のサイズに『小雅』で書く。

ところが、墨と紙と筆があってないのか?!とってもとっても書き難〜い。
まあ、実力不足と言われればそれまでなんだけどね…(笑)


授業終了後に『書初め誌上展』のお知らせ&先生方によるデモンストレーションあり。

書作展が終了するとスグに書初め誌上展がある…のは、毎年のこと。(笑)
でも、ちょっと慌ただしい。

昨年は上位賞をいただきました!。 
今年も一応(?)出品予定。 

果たしてどうなることやら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『専門科・『漢字かな交じり文「万葉集を書く」D』 書道楽ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる