書道楽ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『専門科・『漢字かな交じり文「万葉集を書く」B』』

<<   作成日時 : 2010/09/10 11:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9月9日(木)…イレギュラーな一日というか、物事がかみ合わない一日と言うか…、とにかくワサワサしているうちにあっという間に夕方になってしまった。
『専門科に出席する日は、なんだかこんな感じの日が多いな〜』なんて思いながら、急いで学院へ向かう。


急いだけど、5分遅刻。
でも、授業はちょうど始まるところでした。ラッキー

まずは、宿題の作品(短歌を半紙に書く)を黒板へ張り出して、H多先生に批評してもらいます。
今回は、ちゃんと時間をとって宿題を書いてきました。
まあ、だからといって、良い作品が出来たわけではないのですが、前日になって慌てて書くよりは、充実した気分です。


私の書いてきた宿題ですが、
ちょっとレイアウトに工夫をして、あえて左の空きを多くとった構成にしてみました。…
でもまあ、失敗ですね。
なんだか中途半端な感じ。

H多先生からは、落款印の位置も指摘されました。
『ああ、やっぱり!』
私も、印を捺してから『ああ!もっと左上に捺せば良かった〜(涙)』と思った次第。
さすが、H多先生です。お見通しです。

作品批評中に、
先生から『墨は何を使いましたか?!』と質問されて、ちゃんと答えられない生徒さんが多々いらっしゃいました。
ど忘れしてしまったのか?!それともいろんな墨と混ぜてわからなくなってしまったのか?!
それとも秘密にしているのか?!(笑)

他の人が使ってる墨はちょっと気になりますね。
特に、綺麗なニジミが出ている作品は、是非知りたいところです。


さて、宿題の作品批評が終わると、Tommy先生のレクチャーです。
本日のテーマは万葉歌人の中でも有名な『柿本人麻呂』です。

ただし、なんだか疲れちゃった頭の中には、あまり講義の内容が入ってきません。
あ〜、う〜〜。

そういえば、Tommy先生は、<柿本人麻呂>と言おうとして、間違えて『柿麻呂』って言ってました。(笑)
それを指摘していたH多先生は<人麻呂の歌>と言おうとして、『歌麻呂』って言ってました。

先生方もお疲れ気味??!(笑)

そのうち私は『彦麻呂』とか言い出しそうです。


その後、H多先生のデモンストレーション〜実習へ。

実習になると、ちょっとだけ頭がハッキリしてきます。(笑)

前回は半紙を縦に使いましたが、今回は横にして書きます。
縦に使ったときとはまた違って、 構成・バランスが難しいです。

今日のところは、あまり凝ったレイアウトにせず、普通に並べて書くように!とのことでしたが、
それでも、なんだか難しく感じました。

ああ、練習不足を感じます。


今日は、墨と硯を忘れずに持って来たので(前回は忘れた)、墨を磨りました。

『作品を書く前に、墨をする』と言う行為は、心落ち着かせて、良いもんですね〜。


ところで、今回は宿題は無し!だそうです。

東京書作展の出品締切り(一般)が、もう来週だもんね。
授業が終わった後、数人の生徒さんが、作品を先生に観てもらっていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『専門科・『漢字かな交じり文「万葉集を書く」B』』  書道楽ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる