書道楽ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 硬筆書写検定準一級受検しました。

<<   作成日時 : 2010/06/21 12:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月20日(日)…いよいよ、硬筆書写検定の受験日当日になりました。


一年前に2級の受検をしたことを思い出しながら、受験会場へ向かいます。
受験会場の都内某女子高は自宅から徒歩10分です。

試験会場の教室へ入室したのが、9時45分。
私が入室したときには、ほとんどの受験生が既に着席し、机に資料を広げて勉強していました。
みんなの熱気が伝わってきます!。

私が入室した教室は、一級・準一級・二級の受講生が混在する教室でした。
窓際の一列が一級の受験生、次の列が準一級の受講生、そして、その隣から数列が二級の受験生でした。


私も一応勉強道具(資料)を持ってきたのですが、試験開始まで時間がないので、
ボールペンを取り出して、『速書き』の練習をちょっとだけやりました。

5月の講習会以来、『速書き』は、時間内に書き上げるだけではなく、もうちょっとわかりやすく書けるように練習していたのです。
ですが、ちょっとでも丁寧に書こうとすると、どうしても4分をオーバーしてしまって…。
試験では、時間内に書き上げることがまず第一です。
でも、ちょっとでも整って書けたなら良いな〜。少なくとも、一年前よりは綺麗に書けたら良いな〜…そう思って練習してきました。


さて担当の教官が入室され、試験についての説明をされた後、いよいよ試験開始です。

そして、その問題の『速書き』からスタートです


結論から言うと、一応、時間内に書き上げることが出来ました。
でも、書き上げた字は、相変わらずヘタ!で読み難い!
果たして練習の成果が出たのかは、疑問です。

書き上げて、「よし!残りの時間、誤字・抜けが無いか?!チェックしよう。」と思った途端に、「終了!」の声がかかりました。
つまり、ケッコウ時間ギリギリだったんですね!!

そう思ったら、なんだか急に心臓がドキドキしてきました。

『速書き』問題は、スグに回収され、引き続き第2問以下の実技問題〜理論問題まで。


『速書き』問題終了後のドキドキが納まらず、なんだか手が震えます。文字が上擦ります

第二問・第三問・第四問まで、なんだか文字が上擦ったような変な感じです。
一年前に2級受検した時も、同じような感じでしたが、なんだかそれ以上に緊張していて、思うように書けません。
アワアワアワ…


第四問においては、簡単な漢字を書き間違えるというイージーミスも。

「落ち着け〜落ち着け〜!」

下敷き代わりにしている用紙に、第5問「自由作品」を書く練習をしていると、なんだかやっと少し落ち着いてきましたが、時既に遅し?!

結果として、実技問題で、一番しっかり書けたのは、『掲示文』かもしれません。

(因みに、フェルトペンは、パイロットの油性マーカー(中字)を使いました。 線の太さが丁度良い感じがしました)


二級受検の時に、ものすごく時間が余った経験を踏まえ、今回、実技問題にものすごく時間を使いました。
ところが、逆に時間を使いすぎて、気が付けば理論問題をやる時間が少なくなってしましました。

慌てて、理論問題に取り掛かります。

理論問題では、不安的中…というか、勉強の浅さを痛感しました

『旧字体・書写体』では、
旧字体はわかるけど、書写体がわからない!字や、逆に書写体ならわかるんだけど、旧字体が思い出せない字などあって、かなり苦戦!

『草書を読む』問題は、勉強したばかりの『書譜』からの出題にも関わらず、一字誤読!。

『古筆を読む』は、あやふやな字が数文字あって、意味不明。

『書道史』と『間違い探し』問題は、……これはなんとか満点取れたでしょうか?!
(イージーミスが無ければ大丈夫と思いますが…)

考えて、考えて、無い知恵絞っていると、時間終了です!!


アタフタしている間に、あっという間に時間が経ってしまった!…そんな感じです。

合否の手応えは、私にはわかりません。
強いて言うなら、微妙な感じ?!(笑)

『合格ラインのギリギリで良いから、なんとか引っかかってくれないかな〜』と希望します。

まあ、合否の如何に関わらず、実力不足は痛感していますので、また新たな気持ちで、勉強していきたいと思います。


でも、とりあえず、お腹がすいた!
ご飯食べに行きます!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
硬筆書写検定準一級受検しました。 書道楽ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる