書道楽ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『月葉会・5月の月例会』 

<<   作成日時 : 2010/06/02 11:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

5月31日(月)…3月・4月の月例会はお休み(休会)だったので、久しぶりの月葉会・月例会です。


AO木さんは、何故か御着物で出席です。
ASちゃんは、競書・教育書藝(児童版)の審査があったそうで、朝からず〜っと上野にいるとのこと。
頑張ってるな〜


さて、
月葉会で現在勉強している課題は、『日下部鳴鶴の千字文』です。

今回のパートは、草書の部分。
みんな、ケッコウ書き慣れた書きぶりなので、流石!と思いました。

書き急ぎすることも無く、ゆったりと書いているようで、◎です。

草書って、リズムが出しやすい分、チャッチャカ書いちゃう傾向がありますが、
なるべくゆったり書きたいもんですね。

そういえばH多先生も、草書はゆっくり書く!と仰っていましたよね。


次回の課題は、この法帖の続き。
楷書→行書→草書と順々に書いていきます。


最初、楷書ならずっと楷書を練習したほうが良いのかな〜?とも思いましたが、
楷・行・草を書き分けるというのも、勉強になるのではないでしょうか?!

楷書はキリリ!と、草書はゆったりと…書けるように練習したいです。


自由課題では、
硬筆書写検定講習会に参加したときの成果を、みんなに観てもらいました。


ところで、最近また、濫觴・半紙まじりの出品をサボっているのを指摘されちゃいました。
(最近濫觴が絶好調の)AO木さんが書いてきた作品に刺激され、
『よし!今月は、半紙まじりも書くぞ〜』と思いつつ帰路につきます。


でも、考えてみれば、今月はいよいよ書写検定本番!
どこまで出来ることやら?!!

頑張ります。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そういえば思い出しましたが、臨書には形臨意臨というのがありましたね。この意臨が重要なのでしょうか?
行書草書の運筆の呼吸を学んで、もう一度楷書に戻ると楷書の運筆がわかると聞きました。いずれにせよ書いて書きまくるが上達の早道なのかもしれませんね。
ブログで臨書を取り上げて頂けるとか、楽しみにしています。もう長い事筆を持っていませんが、こちらのブログを拝読していると、墨の匂いなど思い出して、また法帖を引っ張り出したくなります。
さくら
2010/06/02 15:20
さくらさん!再びのコメントありがとうございます。
しかし、ちょっとお詫びをしなくてはなりません。
前回『臨書について』は、コメントではなく記事に書く…と書いてしまいましたが、臨書について自分なりに考えをまとめ、それを文章にする…と言う作業が、思いのほか大変で、挫折してしまいました。 臨書については、今後も日記の中に出てくると思いますので、その時に少しでも雑感が述べられればと思います。
期待させてしまい、ゴメンナサイ。

景牙
2010/06/03 10:54
それは残念です!景牙さんの臨書のお考えをお聞きしたかったのですが…実は書を学んでいる時、先生が蘭亭の臨書を半切に書くというデモンストレーションを拝見したのです。確かに字形は蘭亭でしたが太細長短は法帖とかなり違っていました。でも蘭亭には変わりなく半切に10〜13字の二行の大きな蘭亭でしたが、それはそれは迫力あり素晴らしいものでした。
よく観て書く、心掛けて臨書していても、その先生みたいな方向には行けそうもないと思った経験があり、その他似たような経験を何度かする内に私の臨書は何だろうとわからなくなったのです。筆は持たなくなったものの、ずっと心の中に臨書とは?があります。
さくら
2010/06/03 16:43
時間があったので、ちょっとだけ私の臨書感を書いて見ました。 私にはあまり難しいことはわかりませんので、あくまでも個人的な感想です。
景牙
2010/06/04 14:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
『月葉会・5月の月例会』  書道楽ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる