書道楽ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『専門科・中国古典/名言名句を書く』 

<<   作成日時 : 2009/12/04 11:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

12月3日(木)…冷たい雨が降り続き、お客様も来ないので早めに仕事を終え、外出する。
向かった先は、


まずは、有楽町交通会館で開催中の『日本書道アカデミー展』に。

先日は、五月女先生にちゃんとご挨拶もせず、帰っちゃったので、あらためて
お伺いしました。
この時も、あまりゆっくりはしていられなかったのですが、先生とお話できて良かったです。
お茶までいただいて、ありがとうございました。


それから、東京駅のS美院へ。
ご注文の落款印が出来上がったので、納品です。

それから、いつもお世話になっている先生に、
お歳暮代わりにお煎餅のお届け。
みなさんで召し上がってください。


もっとゆっくりお話していてかったのですが、
急ぎ専門科へ向かいます!

さて、前回の宿題が
『論語の句を色紙に書く』です。

課題としては難しい課題でした。
どのようにまとめるか?!に
他の生徒さんたちも苦労したようです。

私も苦労したんですが、なかなか面白かったです。
書き上げた作品がこれです。

画像


敏於事而慎於言
(事に敏して言に慎む)…何か事が起きたときはすばやく行動して、自分の言葉には責任を持つ…と言う意。


他に、『巧言令色鮮矣仁』とか
『朝聞道夕死可矣』とかの有名な句も書いてみたのですが、
結局まとまりませんでした。ああ、難しい


いろいろ書いた中で、一番面白いバランスで書けたのが、上の一枚です。

H多先生の講評も『書き振りが自然でとっても良いですねぇ〜』とのこと。

まあ、H多先生は『誉めて伸ばす』タイプの先生で、いつも誉めてくださるんですが、
これは、自分でも、あまり煩くならずに自然に書けて、それでいて面白い作品になったのでは?!
と思いました。
(思い上がりか?!(笑))


他の人の作品も、もっと沢山観たかったのですが、、
出席人数も宿題提出率も少ないようで、ちょっと残念です。


さて、今回9回目の課題は、『老子』です。
四文字の語句を半切に書きます。

これはこれで、勉強になるのですが、私としては、
もうちょっと色紙サイズの小作品を書きたかったな〜〜と思いました。

このぐらいのサイズの作品は、書初め展なんかでも書くでしょ?!

でも、課題の句が、画数が少ない字が多くて、作品として書くのに
難しいなあ〜。
また、悩みそうです。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『専門科・中国古典/名言名句を書く』  書道楽ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる