書道楽ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『専門科〜古典研究編』 書道楽日記

<<   作成日時 : 2009/04/17 11:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

専門科の課題、今クールの後半は『争坐位文稿〜顔真卿』です。


いつものように(?!)遅刻して教室に入ると、Tommy先生の講義が既に始まっていました。

『争坐位稿』についての解説です。

その後、H多先生のデモンストレーション
      
  実習(臨書)
という流れで、授業は進みます。


特徴&書法などの詳しいことは、次回解説されるそうで、今日のところは
筆遣いについてのアドバイス&半紙への書き方などの簡単なアドバイスのみ。

まずは臨書してみるといったところでしょうか。


不勉強な私は、興味はあったものの、今まで殆ど顔真卿の勉強はしてこなかったんですよね。
顔真卿といえば、どっしりとした楷書が印象的…そんな程度。
随分前に『祭姪稿』をやっているはずなんですけど、全く記憶にございません状態です。

まあ、それだけに新鮮な気分で勉強できるかも?!(笑)


実際に臨書してみると、これがなかなか良い感じです。

手紙の草稿であるので、決して上品に整った行書ではありませんが、
それゆえに、生の息遣いが感じられるような書です。

筆の使い方もわかりやすく、少しリズムが出てくると、とっても良い線が引けたりします。

そうすると、自分がちょっぴり上手くなったような気になれて、
書いていて気持ち良いです。

これ、ちょっとハマルかもしれませんね。


さて、授業終了後に濫觴・半紙まじりを提出。
速報版で前回の成績を見ると、なんと上から5番になっていました。


前々回が10番目だったので、随分と上位に上がってきましたね。
この調子で、続けたいのですが、
今回は、昨晩慌てて書き上げたやっつけ提出

それでも、提出し続けるのが、今年の目標の一つです。
それと、
S田師匠にも、早く天ランクまで上がってきて欲しいな〜と思います。



教室を眺めると
何人かの人が、同人展出品作品を広げて、先生に観てもらっていました。

『…ああ、どうしよう』と思う私です。
今の時点で、いくつかプランはあるのですが、全く決まってません。
原稿すら書いてません。


とりあえず、来週、マンツーの予定を入れので、
それまでに、どうするか決めなくっちゃ…です。 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『専門科〜古典研究編』 書道楽日記 書道楽ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる