書道楽ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『最初に書いた「温彦博碑」が…』 書道楽日記

<<   作成日時 : 2009/01/23 10:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1月22日(木)…いいかげんなで適当なスケジューリングをしていたせいで、来週の書道の予定は
月曜日…月葉会、火曜日…マンツー、木曜日…専門科、…なんて過密スケジュールになってしまった。


そこで、専門科を一週繰り上げて、Aクラスへ出席することに!

幸いなことに雨も小降り…というか、ほとんど降ってない状態になったので、自転車でGO!
(でも、寒いよ〜〜。)

久しぶりに顔を出した専門科木・Aクラスは、Bクラスに比べるとちょっと空いてる気がする。
気のせいか?! まあ、以前に比べると多いかな。


さて、専門科の課題は、先週から始まった『鄭羲下碑』。

文字の特徴と書法について、詳しく説明を受ける。

柔らかくてゆったりとし北魏の楷書で、おもしろいな〜と思う。

しかも、蔵鋒が多く用いられているため、どちらかと言うと露鋒が得意な私としては、とっても勉強になるし、良い練習になると思う。


ただし、新しく勉強し始めた細楷の『温彦博碑』とは、やや対照的なため、多少の困惑もあるかも…


その温彦博碑だが、締め切りよりちょっと早いものの、Tommy先生に一点選出してもらい、提出してきた。
今回、合計6枚書いたが、選んでいただいたのはなんと最初に書いたものだった。

最初に書かれたものは、字間がゆったりとしていて、それでいて自然な感じ。
文字自体もどっしりとしていて、存在感がある……そんな感じか?!

まあ、そういえば、後に書いたものの方が意識して小粒に書いた。
字間も少しつめ気味に書いた。
だって、そうしないと3行目がきつくなっちゃうんだもん!!
(これ、書いた人ならわかると思うけどね…)


まあ、どちらの楷書も勉強し始めたばかり、
これから楽しんで勉強して、自分の栄養分としたい!!





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『最初に書いた「温彦博碑」が…』 書道楽日記 書道楽ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる